製品紹介|製品の光触媒性能

性能1:空気浄化性能(JISR1701-2)
 RS-H2を綿布に塗付した試料で空気浄化性能試験を実施。
 試料に5ppmのアセトアルデヒドを流しながら濃度変化を
 測定した結果を示す。PIAJマークの認定には
 アセトアルデヒドの除去量が0.5ppm以上必要であるが、
 ヒカリアクターでは除去量は3ppmに達している。
 (RS-H2は空気浄化性能でPIAJマーク取得済み)。
 検査機関:(公財)神奈川科学技術アカデミー

試験結果をPDFで開く

H2空気浄化性能グラフ
H2空気浄化性能グラフ

性能2:抗菌効果(JISR1702)
 RS-H1をガラスに塗付した試料で光触媒抗菌力試験を実施。
 黄色ブドウ球菌において8時間後の生菌数を測定した結果を示す。
 静菌活性値は「4.3」であり、PIAJマーク認定基準を上回
 る抗菌効果が得られている(RS-H1は抗菌効果でPIAJマ
 ーク取得済み)。
 検査機関:(財)ボーケン品質評価機構

試験結果をPDFで開く

H1抗菌試験グラフ
H1抗菌試験グラフ

 
性能3:消臭効果
 RS-G2を布地に塗付した試料で消臭効果試験を実施。
 旧光触媒製品技術協議会のSITPAマーク認定試験方法である
 ガスバッグB法に準拠して、ホルムアルデヒドの消臭効果を測定。
 認定基準を上回る消臭効果が得られている。
 検査機関:(財)日本食品分析センター

試験結果をPDFで開く

G2消臭グラフ
G2消臭グラフ

性能4:ウイルス不活化効果
 光ミストASの中身の液であるRS-A3をガラスに塗付した試料
 でウイルス不活化試験を実施。
 試験はノロウイルスと同類で試験のための代替種であるネコカリシ
 ウイルスを使用。6時間後のウイルスの感染力が300分の1に低下
 していることがわかる。
 検査機関:(財)日本食品分析センター

試験結果をPDFで開く

光ミストウイルス 不活化試験グラフ
光ミストウイルス
不活化試験グラフ

性能5:PM除去効果
 PM除去については試験方法が確立しておりません。
 PMも発生源によって成分が異なります。
 当社ではPM除去に関する予備試験を行いました。
 予備試験の結果は下記をご覧ください。

 光触媒によるPM除去について

Top